劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~あらすじと観た感想

劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』(げきじょうばん おっさんずラブ ラブオアデッド)は、2019年8月23日より全国東宝系で公開された作品です。

2018年4月21日から6月2日まで、テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜日23時15分- 翌0時5分)で連続ドラマとして放送された『おっさんずラブ』の劇場版です。

ドラマ版のその後を描いた完結編となり、キャストはドラマ版から続投する。2019年4月22日、仮タイトル『劇場版 おっさんずラブ (仮)』から、『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』に正式決定。また新キャストが加わることも併せて発表されていました。

1. 劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜のあらすじと観た感想

 

 

劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』あらすじ

 

田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の共演で3人の男たちの恋愛を描いたテレビドラマで、2018年の新語・流行語大賞トップテンに選出されるなど社会現象的な人気を獲得したラブコメディ「おっさんずラブ」の劇場版。

ドラマでの三角関係をグレードアップさせた、おっさんたちによる「五角関係」の恋愛バトルが描かれる。

春田創一が上海、香港転勤から1年ぶりに日本へ帰ってきた。

黒澤武蔵をはじめとする天空不動産第二営業所のメンバーたちが春田を歓迎する中、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが春田たちの前に現れた。

リーダーの狸穴迅は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。狸穴の側に本社に異動した牧凌太の姿を目にして激しく動揺する春田を新入社員のジャスティスこと山田正義が元気づける。

そして、あの時に終わったはずだった黒澤の恋心にもふたたび火がついてしまい……。

田中、吉田、林らドラマ版のキャストに加え、劇場版で新たに登場する狸穴役を沢村一樹、ジャスティス役を志尊淳がそれぞれ演じる。

 

劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』を観た感想

そもそもおっさんずラブとは主演の田中圭さんが、ヒロイン吉田鋼太郎さんと林遣都さんに告られ、もう大変!奇妙な三角関係が始まり『ボーイズラブ』ならぬ【おっさんずラブ】。という設定のドラマです。

吉田さんが見せる“乙女な反応”は、まさに正真正銘のヒロイン!なぜかキュンキュンすると前評判も高く、おっさん達が織り成すピュアな胸キュンラブストーリーだったんですが、その後の彼らはどうなったのかなっ?という出だしの映画です。

映画を観た感想は、とりあえず色々な場面で爆笑できます。

映画館も笑いの渦でした。

そして紆余曲折あるんですが・・

すみません、まだ公開したばかりの映画ですので詳しくはお話できませんが

一般企業で起こりえないような大事になり、命に係わる大事件が勃発します。

だからタイトルが『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』なんだなって後から気が付きました。

二人がお祭りに出かけるシーンなんて恋人同士のいちゃいちゃ以外の何物でもありませんでした。

劇場版ならではのアクションあり、爆破シーンあり、そんなハラハラドキドキの大作ではありますが、結局は愛が根本にあります。

おっさんずラブの根本に流れる愛!

ぶれずに人が人を好きになるという事、人間愛を描いてくれてありがとうっていう気持ちになります。

普通の男女間の恋愛とは違い、ハードルの高い男性同志の恋愛

互いを思いやる気持ちが切ないです。

だからこそ、ラストシーンが素敵で涙が出てしまいます。

ドラマのメンバーに加え、沢村一樹や志尊 淳が出演!

大いに映画を盛り上げてくれています。

おっさんのピュアな愛に何故か心揺さぶられて笑えるのにほろっ泣けてしまう、そんな映画になっています。

笑いあり涙ありの一大エンターテイメント作品、『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜

ドラマファンの方はもちろんドラマをご覧になってない方も是非ご覧ください。

映画版を見て、ドラマ版を見ていない人や、また見直したい方に、今ドラマ版の方の人気も再沸騰しています!

2. ドラマ版おっさんずラブが見放題の動画配信サービス

おっさんずラブは2019年5月時点では、以下の動画配信サービスにて視聴できます。

2-1. ドラマ おっさんずラブが視聴できるオススメの動画配信サービス

2-1-1. U-NEXT

人気No.1のサービスと言える「U-NEXT」。「ないエンタメがない」と言われるほど、品揃えが豊富なサービス。新作の配信が早く、話題作を次々と見れることが特徴です。最新作から探しているお気に入りの作品まで見たい作品が必ず見つかるサービスです。

【基本情報】

作品数 14万以上
月額料金 1990円
無料期間 31日
備考 実質790円

2-1-2. hulu(フールー)

VODの中では老舗のサービスであり、安価でありながらも作品の質が高いことが特徴です。新作映画は見ることはできませんが、海外作品の量が多い他、日テレの作品やオリジナル作品も多く取り揃えていることが特徴です。

【基本情報】

作品数 5万以上
月額料金 933円
無料期間 14日
備考 作品の質量のバランスが良い